いろんな場所で

3月11日午後2時46分

東日本を大きな地震が襲いました


私の住んでいるところでも震度6弱を観測

大き目の揺れを感じてすぐ、ケータイの警告音が鳴り

急いでヒーターを消し、外に出ようとしたところに

奇跡のようなタイミングでたろさんが仕事から帰宅


地震のあまりの大きさに外に出ることもできず

左右に揺さぶられている家具を見ながら

これは大変な事態だと身も震えた

自分も立っていられないほどに激しく揺れる大地

すぐにおさまるだろうなどと考える余裕はなく

そのうちガス台の鍋ややかんが落とされ

換気扇のフードまでが外れて冷蔵庫に当たって

大きな音を立てて落ちて、

目の前の状況に何もできず揺さぶられ続けた

もちろん今まで経験したこともないような地震、

「大丈夫や、大丈夫や」

と、恐怖でしがみつく私にずっと声をかけてくれたたろさん


地震が止むと、ひざがガクガク

アパートの壁にはヒビが入り、物は散乱し

鍋ややかんに入っていたものがこぼれて水浸し

アパートの外壁もかなり崩れていた


その後テレビで信じられない光景を目にして

自分達の被害がいかに小さかったかを思い知らされた

すぐ近くで起きている悲惨な現実に、悪夢を見ているような気分だった

大きい余震が頻繁に起こり、その度にビクビクしたが

私はたろさんと一緒にいられたからよかったのだ

実家の家族、友人たち、無事かどうか確認しようと

電話してもつながらない、メールも送信できない

大勢がご家族と連絡が取れずに不安の中過ごしただろう



余震に怯えながら夜を明かし、

翌朝たろさんは辺りの状況確認も兼ねていつもより少し早めに市場へ

もちろん仕事になるわけもなく、片付けなどして早めに帰って来た

周辺道路の損傷は少なかったようなので

二人で実家の様子を見に行った


途中ガソリンスタンドがある毎に長蛇の列が出来ていて

自分達も入れられるうちにと給油。

数日しのげる程度の食料はあったので急を要するわけではないが

スーパーにも行ってみると、店舗の中には入れず、

建物の外でカップラーメンや、缶詰などが売られていたが

すでに人だかりで、私たちがようやくカゴを手にした時には

コンテナにはほとんど何も残っていなかった。


それでも自分達はまだ余裕があるから大丈夫と思っていた。


実家の家族も建物も大事無く、安心して帰路についた


帰る途中、ふと実家近くにある幼なじみのパン屋さんの前を通ると

お客様らしき車が数台止まっていた。

まさか、今日営業しているの??

昨日の地震で影響があったはずなのに・・・


店内に地震の爪あとが残る中、友達はお客様の対応に追われていた

スーパーに人だかりが出来るほどに

食料を求めるのが困難になってきた事態を受けて、

お店を開けたようで、彼女の姿に胸が熱くなった

並んでいた方々で1斤のパンも分け合って、半斤ずつ手にしていた

私たちも残り少なくなったパンを何個か買って、

友達と激励の言葉を交わしてお店を後にした

手にしたパンはあたたかかった、

焼き立てだった

一人でも多くの方に食べ物を供給しようと、パンを焼き続けていたんだ

別棟の工場近くの多くの家屋で塀が崩れ、屋根の瓦が落下していた

きっと工場も被害を受けたはずなのに、

私たちのために頑張ってくれているんだ

そんな友を誇らしく思い、感謝しながらいただいたパンは

今まで食べたどんなパンよりもおいしかった



ぽりさん日記-友達の愛のパン


今もご家族でパンを提供し続けている幼なじみの友、

地震後も不眠不休で患者さんのケアに当たっている看護師の友達、

原発のすぐ近くの病院で働いていたご主人の無事を信じて待つ友達、

自衛隊員として救援活動に従事してくださっている友達のご主人

警察官として働くご主人を祈りながら待つ友達

地震のすぐ後もクリニックを開けて患者さんを受け入れた友達夫妻


みんなそれぞれの場所で力を振り絞っている

関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

1. 助け合いって、、、


ほんとに心が和むね。
私は被災地にいないけど、家族や友達がいるからいろんな人がいろいろな場所で助け合って頑張ってるところをみたり聞いたりすると、もう頭がさがりまくる。

お医者さんや警察官や自衛隊の人は被災地の人たちをほんとうに見捨てず助けてくれる。それが彼らの使命でありきっと正義感なんだろう。

そして、ぽりさんの友達家族のように
自分も大変なのに、周りの人を思って毎日パンをせっせと焼いて売ってくれる。頭がさがります。

毎日、死者数や行方不明者の数が増え、原発の問題は悪くなり目をすむけたくなるニュースばかりだけど、その中で国内で国外でたくさんの人々が日本のために祈ったり、救援物資を集めたりボランティアに志願したりしてる。そんな必死なみんなをみてすごく心が温かくなるし、みんなで頑張らなきゃって思った。

頑張れ福島!がんばれ東北!頑張れ日本!!!

みんなが安全であるよう引き続き祈ってるよ。

decoboko.jp

最近のコメント
ぽりをさかのぼる

2017年 04月 【1件】
2016年 11月 【1件】
2016年 01月 【1件】
2015年 11月 【2件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【7件】
2013年 05月 【2件】
2013年 03月 【1件】
2013年 02月 【2件】
2013年 01月 【2件】
2012年 10月 【1件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【4件】
2012年 07月 【2件】
2012年 06月 【4件】
2012年 05月 【3件】
2012年 02月 【4件】
2012年 01月 【1件】
2011年 12月 【1件】
2011年 10月 【1件】
2011年 07月 【2件】
2011年 06月 【5件】
2011年 05月 【4件】
2011年 04月 【4件】
2011年 03月 【4件】
2011年 01月 【4件】
2010年 12月 【4件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【3件】
2010年 08月 【1件】
2010年 03月 【5件】
2010年 02月 【6件】
2009年 02月 【1件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【1件】
2007年 04月 【1件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【3件】
2007年 01月 【3件】
2006年 12月 【2件】
2006年 10月 【5件】
2006年 09月 【6件】
2006年 08月 【1件】
2006年 07月 【12件】
2006年 06月 【8件】
2006年 05月 【9件】
2006年 04月 【7件】
2006年 03月 【5件】
2006年 02月 【4件】
2006年 01月 【8件】
2005年 12月 【13件】
2005年 11月 【13件】
2005年 10月 【8件】
2005年 09月 【2件】
2005年 08月 【4件】
2005年 07月 【8件】
2005年 06月 【8件】
2005年 05月 【7件】
2005年 04月 【13件】
2005年 03月 【19件】
2005年 02月 【12件】
2005年 01月 【12件】

ブログ内検索
*