スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四国八十八ヶ所もどき

~ 会津三十三観音巡り ~

どうバカ友との今回の旅は、会津三十三観音巡り。
旅の趣旨は当然「水曜どうでしょう」
彼らが何度か四国の八十八ヶ所を巡っているのをみて
さすがに四国までは行けないけど、
何かしたいと常々思っていた私たち。
(無論いつしか四国も達成したいと目論んでいる)

そこへ、我が班の絶大なる信頼を誇る企画部長I氏が
会津に三十三観音巡りというのがあるという
情報を手に入れた。
これは「どうでしょう」の四国を彷彿させるものであり、
さらには現在3人中全員が33歳という
我々チーム33(勝手にネーミングしたら、
来年はチーム34になるのかとダメ出しをくらった)
にとっては、偶然とはいえないような数字が並び、
期待も高まるところで、いざ出陣と相成った。
午前4時。
もはや早いとも感じなくなってきた早朝出発。

日の出と共に1番から順番に回って行こう、
一日で33ヶ所制覇しよう!!という
大胆な企画。

手には、企画部長が用意した旅雑誌2冊と
図書館から借りてきた「三十三観音巡礼」の合計3冊。
そしてネットから出力した簡単な資料。
これだけあれば、なんとかなるだろう・・・。
会津に無事到着し、ローソン屋敷で朝食をとり
第一巡礼地へ!
しかし我々の持つ3冊の本+α が、どれほど
アバウトなものか、次第に暴かれていく。


我々のやろうとしていることはいたってシンプルである。

一、会津地区の観音像が奉られている33ヶ所のお寺を
1番から順番に回りましょう。

一、「どうでしょう」みたいにその一部始終を
ビデオとカメラに収めましょう。

一、それを一日でやりましょう。


つまり「お寺を探す」→「お参り&撮影」→「次のお寺探し」
の繰り返しである。
補足すると、撮影とは、まさにどうでしょうを大胆にパクリ、
「○○番、○×寺!」と声をあげ、ポーズを取る。
撮影者はビデオとデジカメの両方を手に、
神聖なる寺の前でアホなポーズを取る二人を
ファインダーから見つめ、記録に残さねばならない。
一人、冷静にそのバカさ加減を見つめなければならないのは
ある意味過酷と言える。
しかし撮影はローテーション。
3回に一回はまわってくる。
ある時はお寺が大きな道路に面しており、
バカポーズを公衆の面前にさらさなければならない時もあり、
参拝者やその他の人々の不思議そうに見つめる顔に
真っ向勝負せざるを得ない場合もある。
そんな時も冷静に、至って冷静にファインダーを覗くのだ。

ここで、簡単に説明しておこう。
なぜ人々は不思議そうに我々を見つめていたのかを。

撮影者以外の二人は、必ずあるものを身に付けていた。
それは「笠」である。
これが予想はしていたものの、人々の目を引いた。
以前どうバカ33(当時は32だったか)で
「南郷への旅」へ出かけたときに
今日のこの日、三十三観音巡り決行の日に備えて
笠を購入していたのだ。
「どうでしょう」では大泉洋氏が、やはり笠をかぶっておられた。
彼は円錐形の笠に白装束。
我々は白装束こそ身に付けはしなかったが
(白装束を意識した白い出で立ちの者は一人いた)
巡礼にしては異様にデカく、目立ち過ぎる
その笠をかぶり観音巡りを続けたのであった。

すでに第二巡礼地を探している段階で明確さが増したことだが、
持っていた資料は、非常にも漠然とした地図だった。
旅雑誌の地図は範囲が広すぎ、
巡礼の本はといえば、非情とも言える程に尺の合わない地図。
その地図でみれば、この寺から次の寺がすぐ見えるような、
1~2分もあればつくような位置関係であるのに対し、
実際には10分ほど車を走らせねばならないとなり村にあったり。
地図を信用して近場をぐるぐる回って
まったく見当違いもいいところで見つけたりして
信用したばかりに何度とんでもない目に合ったことか。

地図が信用できないとわかると
我々は実に様々な方法で探し当てるようになった。
お寺の周りが杉林になっている確立が高く、
知らず知らずのうちに杉林を見つけるようになり
「あの杉林があやしい」などと、
見当をつけて近づくこともしばしば。
巡礼の本に載っているお寺の写真を見て
その屋根の形を頼りに見つけ出そうとすることもあった。
それからお寺には必ずといっていいほど遊具があり、
ブランコとすべり台があれば、そこがお寺だと言ってもいいほど。
思い返せば自分の家の近くのお寺にも
ブランコやすべり台があったと気づく。
それからどう探しても見つからないような時
最終手段として「人に聞く」という方法もあった。
道をたずねる時に限らず、
行く先々でその土地に古くから住む人々と接し、
人のあたたかさに触れながら、我々は旅を楽しんでいた。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

decoboko.jp

最近のコメント
ぽりをさかのぼる

2017年 04月 【1件】
2016年 11月 【1件】
2016年 01月 【1件】
2015年 11月 【2件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【7件】
2013年 05月 【2件】
2013年 03月 【1件】
2013年 02月 【2件】
2013年 01月 【2件】
2012年 10月 【1件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【4件】
2012年 07月 【2件】
2012年 06月 【4件】
2012年 05月 【3件】
2012年 02月 【4件】
2012年 01月 【1件】
2011年 12月 【1件】
2011年 10月 【1件】
2011年 07月 【2件】
2011年 06月 【5件】
2011年 05月 【4件】
2011年 04月 【4件】
2011年 03月 【4件】
2011年 01月 【4件】
2010年 12月 【4件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【3件】
2010年 08月 【1件】
2010年 03月 【5件】
2010年 02月 【6件】
2009年 02月 【1件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【1件】
2007年 04月 【1件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【3件】
2007年 01月 【3件】
2006年 12月 【2件】
2006年 10月 【5件】
2006年 09月 【6件】
2006年 08月 【1件】
2006年 07月 【12件】
2006年 06月 【8件】
2006年 05月 【9件】
2006年 04月 【7件】
2006年 03月 【5件】
2006年 02月 【4件】
2006年 01月 【8件】
2005年 12月 【13件】
2005年 11月 【13件】
2005年 10月 【8件】
2005年 09月 【2件】
2005年 08月 【4件】
2005年 07月 【8件】
2005年 06月 【8件】
2005年 05月 【7件】
2005年 04月 【13件】
2005年 03月 【19件】
2005年 02月 【12件】
2005年 01月 【12件】

ブログ内検索
*

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。